複数のCAD環境で3次元CADデータを共有する、最も効率的な方法


「現実世界」のような再現性

「現実世界」のような再現性

卓越したデザインコミュニケーションツール・eDrawings mobileによるAR(Augmented Reality:仮想現実)機能は、現実世界の中に設計案やコンセプトを表示することができます。この機能を活用することで、選定したデザインが環境に与える影響を事前に把することができます。その結果、設計関係者だけでなく顧客に対して、デザインの真の価値をより明確に伝えることができます。


3Dによるコミュニケーション

3Dによるコミュニケーション

わかりやすく正確なコミュニケーションを行うために、3次元設計データを活用します。eDrawingsはEメールに軽量な2D・3Dのファイルを簡単に添付することができ、単なる2次元図面特有の曖昧さを解消します。


コラボレーションの制約をなくす

コラボレーションの制約をなくす

eDrawingsは、データの互換性に対する心配を最小限に抑えることができ、より効率的な3Dのコラボレーションを可能にしました。eDrawingsのマークアップ(注記)機能は、社内外のプロジェクト関係者同士で双方向のコミュニケーションに役立ちます。eDrawingsを活用することで、知的財産としての共有の問題を効率的にコントロールすることができます。この結果、市場投入の早期化を実現することができます。